「こども一人ひとりの能力を充分に開発し、真の意味で成長・発達することができる教育」

「そらのいえ保育園」は、わかば園が新たに社会福祉法人わかばを設立し、開所した保育園です。
(平成23年4月開所)

わかば園は、昭和42年の設立以来「こども一人ひとりの能力を充分に開発し、真の意味で成長・発達することができる教育」を目指して、教育活動に取り組んできました。

「そらのいえ保育園」でも、わかば園の基本方針はそのままに、これまで幼稚園として培ってきた教育のノウハウを活かしながら、「こども一人ひとり」を大切にした、きめの細かい保育、教育を行っていきます。

また、こども達の健やかな育ちのためには、園とご家庭が同じ方向を向き連携して行くことが不可欠です。各ご家庭とのコミュニケーションを深め、共に育んでいきたいと考えています。

そらのいえでは、こどもたちが心豊かに、そして、心の安定した人間へと育っていってほしい、と願っています。

そのためには、自由にのびのびと行動できる環境、保育者との安心できる信頼関係の中で、
こどもたちが、自分で選び(主体性)、自分で取り組み(集中力)、責任を持った行動ができる(社会性)ことが大切です。

また適切な環境を整え、こども達の主体的な活動を援助することこそが、保育者の役割であると考えています。

「そら」とつながる保育室

建物は、空へつながるような開放感と、木のぬくもりを重視。子ども達が落ち着いた環境で過ごせるようにしています。

詳しくは、環境建築のページをご覧下さい。

子どもの育つ力を活かす保育

「そらのいえ」では、モンテッソーリ教育を取り入れた「たてわり保育」(1~2歳児クラスと3~5歳児クラス)を行っています。

一人ひとりの子どもの潜在的な能力を引き出し、子ども同士の育ち合いの力を大切にした保育を行います。

詳しくは、教育のページをご覧下さい。

(c)2011 soranoie all raights reserved.